見出し画像

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物

【1】幼稚園、トビラ

【ヒント】
政治家や経済人などの肉声を記録する、オーラル・ヒストリーの開拓者は?




皆さん、分かりましたか? 答えは……




◆御厨貴

【プロフィール写真】20171011BN00022

1951年4月27日生まれ 政治学者

「一人っ子で、母離れできなくてね。幼稚園のりんご狩りも浮かない顔(扉頁)。歴史に目覚めたのは、高校時代。校内誌の編集長として書いた論文が、朝日新聞のコラムで紹介されたのがきっかけでした」

東大法学部卒業後、大学で助手として修業。27歳で東京都立大学助教授、37歳で同大教授に。米国留学後にオーラル・ヒストリーを提唱、「沈黙は金」の風潮が残る日本の歴史研究を変えた。近年はいくつもの政府有識者会議に携わり、天皇の退位をめぐる有識者会議では座長代理を務めた。政治、皇室、そしてメディア。様々なジャンルを横断し、生きた歴史と対峙した御厨さんがこれから取り組みたい仕事とは?

「現代は政治が機能不全に陥って、ほとんど崩壊したような状況です。これから新しい政治たりうるものは何なのか。今の時代がどういう時代であるかを、近代史の流れの中で見つめ直したい。いつか、過去、現在、未来における日本列島の政治史を書いてみたいですね」

【2】幼稚園、賛美歌を歌う

東京生まれ。幼稚園のときに父親の転勤で福岡へ。「プロテスタントの幼稚園で、声を買われて賛美歌を独唱したりしたね」

この続きをみるには

この続き: 609文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。