見出し画像

落ちこぼれ、不登校の最大の原因は教室の“同質性”にある

文・苫野一徳(熊本大学教育学部准教授)

 2019年、NHKの調査によって、全国の中学生のうち不登校、あるいは不登校傾向にある子どもたちの数が、44〜85万人に上ることが明らかになった。不登校傾向とは、自分のクラス以外の部屋で過ごす別室登校や、一部の時間だけ在校する部分登校などのこと。中学生の8人に1人、あるいは4人に1人という衝撃的な数字である。

 その理由は、多い順に、「クラス全体の空気がイヤ」「学校の勉強についての悩み」「友人関係をめぐる問題」「先生との関係についてのなやみ」「いじめを受けた」「決まりや校則になじめない」などとなっている。

 これだけ多くの子どもたちが、学校という場所に息苦しさを感じていることを思うと、いたたまれない気持ちになると同時に、今の“システム”を何としても変えなければという決意を新たにする。

 そう、この問題は、それぞれの学校や教師や子どもたち一人ひとりの問題というよりも、むしろ“システム”全体の問題と考えるべきものなのだ。近代学校教育が始まって以来、150年もの間ほとんど変わって来なかった、今の学校システムの。

 そのシステムとは、次のようなものである。「みんなで同じことを、同じペースで、同じようなやり方で、同質性の高い学年学級制の中で、教科ごとの出来合いの問いと答えを中心に勉強する」。このシステムこそが、いわゆる落ちこぼれ・吹きこぼれ問題を構造的に生み出し、また、同調圧力や空気を読み合う教室内のサバイバル空間を生み出す元凶になっているのだ。

 公教育の草創期、まだすべての国民が十分に教育を受ける機会が整っていなかった時代においては、このシステムはある意味で十分に機能した。すべての国民に、共通の知識・技能を、まるでベルトコンベヤーに乗せるようにして教授していく。これが当時としては最も効率のよい教育のあり方だと考えられたのだ。

 しかし今では、このシステムこそが、学校における様々な問題の最大の要因になっている。

 その象徴的な問題の1つが、先述した落ちこぼれ・吹きこぼれ問題だ。多くの人は、これを子どもたち一人ひとりの能力の問題と考えてしまいがちだが、むしろこの問題は、システムによって生み出された側面が非常に大きい。みんなで同じペースで勉強していれば、一度つまずくと、その後なかなか取り返しがつかなくなってしまうことも多い。またその逆に、すでに分かっていることを何度も繰り返し勉強させられることで、勉強が心底嫌になってしまう子どもたちも大勢いる。もし、それぞれが自分のペースで、自分にあった学び方で学んでいれば、そのようなことは起こらなかったかもしれないのに。

 多くの先生は、それでもなお、これまで個に応じた指導・支援を頑張ってきた。しかし、そもそもシステムが「みんなで同じことを、同じペースで」である以上、その個別の支援にはどうしても限界がある。世界一と言われる教師の多忙もあいまって、今の日本のシステムの中では、子どもたち一人ひとりの学びをしっかりと保障するのは極めて困難なことなのだ。

 学びだけではない。多くの学校では、同質性の高い人間関係のゆえに、その同質性になじまない子どもへのいじめが起こったり、同調圧力に苦しみながら生活することを余儀なくされている子どもたちが大勢いたりする。

 それを生み出す学年学級制もまた、ベルトコンベヤー式の教育に最適化するため、150年前に人工的に発明されたものである。

 学級というのは、考えてみれば非常に不自然なコミュニティだ。同じ年生まれの人たちだけからなるコミュニティを、私たちは学校のほかに見出すことができるだろうか。

この続きをみるには

この続き: 1,120文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
文藝春秋digitalが送る「2020年の論点100」は、幅広い教養が手軽に身につくマガジンです。今最も人気がある100人の論者が100個の論点を明快に解き明かします。激動の2020年を生きるあなたの強い味方になる1冊です。

日本を代表する知識人たちが2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じた教養マガジン。小論文対策をしたい高校生から、レポートに困っ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
33
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

2020年の論点100
2020年の論点100
  • 101本
  • ¥1,400

日本を代表する知識人たちが2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じた教養マガジン。小論文対策をしたい高校生から、レポートに困っている大学生、教養を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。