新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

塩野七生「コロナウイルス散見記」

文・塩野七生(作家・在イタリア)

4月12日、執筆中だった書き下ろしの550枚、脱稿。最後に「完」と書くときの気分は、50年が過ぎようとやはり格別。その後にいつもならば、「2020年・春、ローマにて」と書くのだが、今回は、「4月12日、コロナウイルスのおかげで外出厳禁中のローマにて」と書いた。だが、これが店頭に並ぶのは12月に入ってからだから8カ月後。多分、最後の1行は書き直すことになるだろう。

とまあこんな具合で、イタリアを襲ったロックダウン現象は、私個人にとっては少しも苦ではなかったのだ。日本とは行き来もできなくなっているし、ヨーロッパ各国ともが国境閉鎖なので、誰も訪ねてこない。イタリア内も、芸能人まで総動員して「家にいましょう」の大キャンペーン中なのだ。

といってもこの大流行もようやく下火に向いつつあるようで、疫病の専門家以外のイタリア人の関心は、すでに次の2つに向けられている。

第1は、疫病の第2段階という意味での操業再開。第2は、これまでの生き方は変えるべきではないかと、考え始めていること。

操業再開とは、いつ、どのような状態で、の問題だが、私個人は、完全なロックダウン方式にはもともと賛成でない。人類の歴史は疫病の歴史といわれるくらいで、終息したと思っても何年後かには必ず襲ってくる。ただし近年は、グローバル化の影響か、間隔がひどく縮まったようではあるけれど。

要するに、患者数ゼロの絶対安全を目指すか、それとも水ぎわ防止を恒常的な制度にし、つまり可能なかぎり犠牲を少なく抑える政策を確立したうえで疫病との一種の共生を目指すか、のちがいではないかと思う。

具体的には、これまで我々は外国から日本に帰ってくると空港の「検疫」と書いたところを素通りしていたが、これからは素通りはできないということです。

面白いのは、疫病の専門家を始めとする医療関係者たちの間でも、意見が分れていることである。

医師とは、理系と文系の境で考える人と思う私だが、絶対安全派と最小限度のリスクは甘受しての共生派との対立は、医師たちの世界ではより明らかで、その他の分野、たとえば原子力発電の分野では、それほどでもないような気がする。福島第一で絶対安全は神話であったことが明らかになったにもかかわらず、原発再開にはあいかわらず、「絶対安全」を主張しているのだから。神話崩壊を認識したうえで対策を立てるのは、文系的な考え方なのかもしれない。

この続きをみるには

この続き: 1,404文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
31
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。