20191004BN00012_トリム済み

新天皇・雅子皇后の素顔「野球談議にびっくり」――王貞治【全文公開】

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。

文・王 貞治(福岡ソフトバンクホークス会長)

画像1

 両陛下には今から10年ほど前、東京ドームで行われた第2回ワールド・ベースボール・クラシック第1ラウンド、日本対中国の開幕戦にお越しいただいたことがあります。日本代表監督の相談役だった私は、観戦に訪れた皇太子さま(当時)と雅子さまのご説明役を任されました。

 試合前に始球式の大役もあったのですが、両殿下の前でみっともない姿は見せられないと思い、いつになくプレッシャーを感じたのを覚えています。

 なんとか無事、始球式を終え、貴賓席に戻った時に、皇太子さまから「ナイスピッチングです」と、お声掛けをいただいたのが嬉しかったです。皇太子さまにはそれ以前にもお会いしたことがありますが、いつもにこやかで大変親しみやすい方です。

 お二人は、私の前の席に並んで座られていたのですが、試合中何度も後ろを振り返って質問をされました。

「こういった場面でのバッター心理はどんなものなのですか」

「監督が作戦を立てるには何を重視するものですか」

 といった具合にその質問内容が非常に専門的で、びっくりしたのを覚えています。

 皇太子さまは昔から野球がお好きだとは聞いていましたが、雅子さまも野球に強い関心を持たれているとは知りませんでした。小さいころにソフトボールをされていたそうですから、それであんなに野球に親しんでいたのかもしれません。非常に感激しました。

 3回裏に村田修一が先制のツーランホームランを打った時はお二人とも大きな拍手を送られていました。

 お二人は試合を楽しまれ、あともう少し、あともう少しと当初の予定時間をオーバーして7回まで観戦してお帰りになりました。侍従の方がずいぶん慌てていたのが印象に残っています。

 来年の東京五輪では野球が正式競技に復帰します。両陛下ですからライブ観戦とはいかないかもしれませんが、是非ともお二人でテレビででも観戦なさって、あの時のような「野球談議」に花を咲かせていただければ、嬉しいです。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
2
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。