萩原健一 「傷だらけ」の反逆児 菊池武夫 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

萩原健一 「傷だらけ」の反逆児 菊池武夫 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
ショーケンのニックネームでカリスマ的な人気を誇る一方、薬物や恐喝未遂容疑での逮捕、4度の結婚などで世間を騒がせた俳優の萩原健一(1950~2019)。その素顔をデザイナーの菊池武夫氏が綴る。/文・菊池武夫(ファッションデザイナー)

菊池武夫(筆者)

菊池氏

ショーケンは大きく変わった。

以前のように緊張感を他人に強制することはなくなったし、周囲にも優しくおおらかに接するようになった。それまで誰も変えることができなかった彼の生き方を変えたのは、2011年に結婚した夫人である。

結婚後は安らかな人生を送っていたし、役者としても、あと十数年は最高の時期を過ごせたはずなのに、運命は残酷だ。

萩原健一

萩原健一

彼を知ったのは、テンプターズのボーカルとして歌う姿をテレビで観たときだ。グループサウンズの全盛時代、他と異質なストリート感覚のサウンドにインパクトを受けた。その後、70年代の初頭、赤坂にあった伝説のクラブ、ムゲンやビブロスに出入りするうち、俳優に転じた彼と顔見知りになった。ドラマ「傷だらけの天使」の衣装担当になったのもビブロスでの遭遇がきっかけだ。

研ぎ澄まされた精神の持ち主で、自分にも他人にも妥協を許さず、私には一度もなかったが、他の関係者には厳しく当たっていた。「傷だらけ」の後も仕事場に私が必ず呼ばれたのは、精神のよりどころとして、そばに居てほしかったからだろう。

この続きをみるには

この続き: 284文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。