見出し画像

夢のプロ入り|折田翔吾

文・折田翔吾(棋士)

11歳で将棋にハマった。奨励会に入り、棋士を目指した。棋士になれたら、将棋を指してお金がいただける。憧れのトップ棋士とも対戦できる。そんな夢のような日々がおそらく一生続く。

しかし棋士になるためのハードルは恐ろしく高い。奨励会からプロである4段に昇段できるのは年間4名のみ。しかも26歳までに4段になれなければ強制退会だ。

15年間、生活のすべて、青春時代を将棋に捧げた。プロになれなければ人生が終わると思っていた。しかし、強制退会が近づくと、考え方が大きく変わっていた。

「自分が最も生かされる道は、奨励会退会という挫折を経てプロ入りを実現すること。それは奨励会からプロ入りした棋士には絶対にできないことであり、そんな不屈のストーリーには価値があるはずだ。だからこれからもプロを夢見てやっていこう」

奨励会から4段に上がる以外に、ひとつだけプロ棋士になる方法があった。「棋士編入試験」だ。

受験するにはプロ公式戦で10勝以上、なおかつ勝率6割5分以上が必要だ。編入試験は、新人棋士5名と戦い、3勝すれば合格となる。これまでプロに編入したのはわずか3人。もしかしたら奨励会よりも狭き門かもしれない。しかし、私に残された道はそれしかなかった。

2016年、年齢制限で奨励会を退会した私は就職せず、ユーチューバーになった。ゲーム実況が好きだったので将棋でやったら面白いかも、という思いつきだった。しかし、続けるうちに視聴者の応援を励みに棋力があがったのか、プロ公式戦で10勝2敗の成績をあげ、編入試験の受験資格を得ることができた。退会してから3年が経っていた。

この続きをみるには

この続き: 1,017文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
11
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。