見出し画像

【原稿募集のお知らせ】『文藝春秋』は、noteクリエイターの中から、新たな書き手を募集します!

 皆さん、こんにちは。

 お知らせです。

 『文藝春秋digital』は、『文藝春秋』に掲載する原稿を募集します! あなたのnoteへの投稿が『文藝春秋』に掲載される可能性があります。noteクリエイターが『文藝春秋』の筆者としてデビューできるチャンスです!

 『文藝春秋』には、「旬選ジャーナル」という連載コラムがあります。今回、このコラム用の原稿をnote上でも募集することになりました!

画像1

 「旬選ジャーナル」は、毎月2人のプロの筆者が“ニュースの目利き(選び手)”として、最近見たニュースの中で「もっともよかったもの」を紹介するコラムです。そのニュースのどこがよかったのか。どこが優れていたのか。何が心に響いたのか……選んだニュースや記事の「ポジティブな面」を紹介するニュース批評が、「旬選ジャーナル」です。

 選ぶニュースは何でもOK。新聞、テレビ、ラジオ、WEB……媒体はまったく問いません。

▽お手本記事はこちら(無料で読めます)
▽お手本記事はこちら(無料で読めます)

 『文藝春秋』で「旬選ジャーナル」の連載が始まったのは、2016年9月号。これまでこの欄に登場した筆者は、超一流の方々ばかりです。

 橘玲さん、木村草太さん、古谷経衡さん、江川紹子さん、モーリー・ロバートソンさん、石戸諭さん、鈴木涼美さん、小松成美さん、高橋ユキさん……。いま、第一線で活躍なさっている錚々たる書き手の方々が、こちらのコラムで色々なニュースを紹介してくれました。

 その舞台で、noteクリエイターの『文藝春秋』へのデビューが可能になりました。

 noteには、才能あるクリエイター(書き手)の方々がたくさんいます。私たちは、そんな才能と出会うべく、「旬選ジャーナル」の原稿を募集します。

 概要は以下の通りです。

■コラムの分量は約1400文字です(※多少前後しても構いません)。
■取り上げるニュースは、1カ月前くらいまでに発表されたものが好ましいです。
■媒体名、日付、その記事(やニュース)の筆者は必ず明記してください(お手本を参照してください)。
■コラムは、「#旬選ジャーナル」を付けてnoteに投稿してください。『文藝春秋』の担当編集者が皆さまの投稿を読ませていただき、「これは!」というものをピックアップいたします。採用した方に限り、編集部より、ご連絡差し上げます。
■誌面に掲載された方には、『文藝春秋』規定の原稿料をお支払させていただきます。
■誌面掲載の場合には、「名前」「肩書き」「顔写真(アイコン可)」が必要になります。匿名での誌面掲載はできませんので、ご了解ください。

「ニュースを読み解く力」は、情報過多時代にもっとも重要なスキルの1つです。

 皆さんの才能を、『文藝春秋』ではばたかせてみませんか? 

 多くのnote投稿をお待ちしています!


▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
77
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

この記事が入っているマガジン

ふぃろのオススメNote広報室
ふぃろのオススメNote広報室
  • 1248本

私が発見した面白いノートをオススメするマガジンっぽくなってしまったのでタイトルを変えてみる。時々CMはさみます。かも

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。