見出し画像

【秘蔵カラー写真で振り返る】秋晴れの「1964東京五輪」開会式

56年前、東京の空は青く晴れ渡っていた――。あの頃、日本中の人々が感じた熱狂、そして未来への希望を振り返る。

画像2

会場である国立競技場に入ってきた、聖火リレーの最終走者。聖火台へと続く182段もの階段を、勢いよく駆け上がっていった。

「開会式は2時間も前の集合で、神宮外苑で初めて行進の練習をしました。きちんと整列して行進できるよう1時間以上も念入りにやらされ、『いいかげんにせえよ』と(笑)。日本選手団の前から9列目、左から4番目という位置まではっきり覚えています」

元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏は、サッカーの日本代表として1964年東京五輪に出場。対アルゼンチン戦では得点を挙げた。

「実はアルゼンチン戦の得点よりも、開会式のほうが心に残っているんです。行進の練習を終えて、いよいよ競技場のゲートをくぐった途端、『ウワーッ!』という今まで聞いたことがない大歓声が聞こえてきた。それから、雲一つない青空と、日本選手団の赤のブレザーと、白のズボン・スカートと帽子。色のイメージが、強く目に焼き付いています。あの瞬間ほど、胸の高鳴りを感じたことはありません」

来年開催予定の東京五輪についてはこう語る。

「僕に言わせれば、開会式なくしてオリンピックなし。華美な開幕イベントを縮小してでも、あの入場行進だけは実現させてほしいです」

2017051200015(共同) - コピー

ロイヤルボックスに入られた昭和天皇・香淳皇后。 ©共同通信

2012040900314(共同)

行進する日本選手団。赤のブレザーが青空に映えた。 ©共同通信

2017080902782(共同)

東京駅はテレビ中継を見守る大人達で溢れかえった。 ©共同通信

10000000000000125373_20200916195427089818_P131018002121(朝日新聞社)

開会式を学校のテレビで見る名古屋市の小学生達。 ©朝日新聞社

画像7

聖火台は地上32メートルの高さ。約7万2000人の大観衆を見下ろすことが出来た。 ©Getty Images

2020083101195(共同)

五輪聖火は現在、東京・新宿区の「日本オリンピックミュージアム」で展示されている。 ©共同通信

「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような、素晴らしい秋日和でございます」

1964年10月10日の東京五輪開会式、NHKの実況を担当したアナウンサー・北出清五郎は、このように秋晴れの空を表現した。前日は日本列島に接近する低気圧の影響で雨が降っていたが、朝になると一転、嘘のように晴れ上がったという。

当日、聖火リレーの最終走者を務めたのは早稲田大学競走部の1年生だった坂井義則。原子爆弾が広島に投下された日に広島で生を受けた坂井は、敗戦から復興を遂げた日本の「平和の象徴」として、人々に希望を与えたのだった。

新型コロナウイルスの感染拡大により、今年開催予定だった東京五輪は延期を余儀なくされた。2021年、コロナ禍に見舞われた世界はどうなっているのだろうか――。五輪聖火は今も“希望の明かり”を灯し、五輪開催を待ち続けている。

画像8

(2020年11月号)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
5
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。