文藝春秋digital
原田マハさんの「今月の必読書」……「メロンと寸劇」向田邦子
見出し画像

原田マハさんの「今月の必読書」……「メロンと寸劇」向田邦子

文藝春秋digital

おいしい話でお腹がいっぱい

私は生来の食いしん坊である。朝ごはんを食べながら、今日のランチは何を食べよう、と考えている。

などとただの食いしん坊なのに偉そうに書きたくなったのは、本書の中で描かれている数々のおいしいエピソードが、あまりにも「そう、わかるわかる!」「そういうことあるんだよねえ」と共感することばかりで、「私も邦子さん(と敬愛を込めて呼ばせていただく)と同じくらい食いしん坊なんです」と主張したい気分にかられまくってしまったからである。しかも邦子さんは、ご自身をおいしいもののことばかり考えている単なる食いしん坊かのごとく本書でお書きになっているが、そのすべては幼少時の思い出、ご両親のこと、戦争の辛い体験、社会人になってからの折々の記憶と深く結びつき、さながらご著書のタイトル「思い出トランプ」のような巧みな構成になっている。邦子さんはグルメのマジシャンで、思い出トランプをパパパと小気味よく切ってはスラリと読者の目の前に広げて見せる。どんなカードでも、邦子さんの筆は実に巧みにその思い出をドラマに仕立て上げる。普通の人ならば気づかずに終わってしまうかもしれない、どうってことのないエピソードだって、邦子さんにかかれば瞬く間にドラマのワンシーンになって、私たちの目の前に鮮やかに現れる。

この続きをみるには

この続き: 743文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。