「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【フル動画】折木良一×牧野愛博「『専守防衛』『非核三原則』を議論せよ」

文藝春秋digital

◆「非核三原則」は金科玉条か?

文藝春秋digitalは、3月31日(木)20時〜、元統合幕僚長の折木良一さんとジャーナリストの牧野愛博さんによるオンライン対談イベント「『専守防衛』『非核三原則』を議論せよ」を開催します。

《ご視聴はこのページ下部からお申し込み頂けます》

最新号の「文藝春秋」4月号に、折木良一さんによる「『専守防衛』『非核三原則』を議論せよ」が掲載されました。折木さんは昨年11月、陸海空自衛隊の将官と防衛事務次官を含むOB8人とともに「新たな『国家安全保障戦略』に求められるもの」と題された政策提言をまとめています。

折木さんらは「議論が必要と思われる防衛政策」として、①「専守防衛」の見直し、②「総合的な抑止戦略」の構築、③防衛費のGDP(国内総生産)比2%への増額を提言しています。

①「専守防衛」の見直しについては、敵基地攻撃能力という表現に替えて「反撃能力」という言葉を採用し、抑止力の一部として保有することを主張されています。「文藝春秋」4月号掲載の同論考では、「非核三原則」について議論を深めるべきとして、米国による「核の傘」の実効性も含めた検討が必要だとしています。

◆冷戦時代の思考では国は守れない

この10年間でロシアの国防予算は2.58倍、中国は2.44倍、韓国は1.7倍に伸長しているのに対し、日本の防衛費の伸びは1.088倍にとどまります。折木さんはこれまでGDP比1%にとどまってきた日本の防衛費予算は、米国一強時代の枠組みであり、世界水準の防衛費のGDP2%への増額を目標にすべき、としています。

21世紀の国際政治の現実を私たちはどのように生きていくべきでしょうか――元統合幕僚長を招いた貴重な対談、ぜひご覧ください。

当日リアルタイムでイベントをご覧になれない方も、アーカイブ動画の配信があります。本記事の有料部分にアップしますので、何度でもご覧いただけます。

◆イベント概要

イベント名:「『専守防衛』『非核三原則』を議論せよ」

出演:折木良一、牧野愛博

日時:3月31日(木)20時〜21時30分(予定)Zoomウェビナーを使用して開催します。完全オンラインイベントです。

料金:900円(文藝春秋digital定期購読内コンテンツ)※購読者の方は別途料金はかかりません。

◆問い合わせ

文藝春秋編集部
メール:mbunshun@bunshun.co.jp

◆フル動画

《この下に対談フル動画があります》

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!