見出し画像

同級生交歓|静岡県立浜松北高校 平成11年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。


トメkd20200703_0001五十畑

東京都千代田区 東京駅前にて(撮影・橋本篤)

(右から)
俳人
髙柳克弘

文筆業・企画
木村綾子

音楽家・作家
小島ケイタニーラブ

きっかけは小島くんがくれた。2012年。高校を卒業して13年が経っていた。
「覚えてる?」当時勤めていた書店で声を掛けられた。曖昧に笑う私に対して彼は屈託なく続けた。「髙柳くんもいたよね!」

しばらく経って、2人の新作が同時期に発売されることを知った。同窓会を兼ねたイベントを企画すべく髙柳くんに連絡すると、「昔のことはどんどん忘れてしまう性格で……」と最初断られて笑ってしまった。

自主独立と個性を尊重する自由な校風だった。けれど当時、私達は平凡で窮屈で満たされていなかった。だからなのか、3人で会っても高校時代のことはあまり語らない。まなざしの先にあるのは常に未来だ。

故郷で過ごした年月を、東京に生きる時間が越えていく。同級生交歓は、まだ始まったばかり。(木村)

(2020年10月号)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。