見出し画像

沈没船がつなぐ歴史ーー宮地ゆう

文・宮地ゆう(朝日新聞記者)

 9月最後の週末、南北戦争の激戦地として知られるペンシルベニア州ゲティスバーグを訪れた。ここで、第2次世界大戦中に沖縄戦を戦った米兵の戦友会が開かれたためだ。集まったのは、沖縄県古宇利島の沖合に沈む米海軍の掃海艇「エモンズ」という船の乗組員4人と、遺族や子孫たちだ。

 ホテルのロビーに着くと、何組かの家族が私を見つけて「元気だった?」と声をかけてきた。会長のアーマンド・ジョリーさん(97)は、「待っていたよ」と、抱きしめてくれた。

 1945年4月6日。エモンズは5機の特攻機の攻撃を受けて炎上し、乗組員約250人のうち60人が死んだ。沖縄戦を戦った米兵たちの戦友会に、日本人の私がひとり加わるようになったきっかけは、9年前の夏にさかのぼる。

 2010年夏、沖縄に滞在していた私は、知り合いのダイバーから突然の誘いを受けた。「明日、エモンズという沈没船に潜るから、一緒に行かないか」。それが何の船なのかすら知らぬまま、私は「ようやくこの日が来た」と興奮したまま眠りについた。

 その数年前、私は「シャドウ・ダイバー」(ロバート・カーソン著)というノンフィクションを読み、衝撃を受けた。この本は、アメリカの名も無いダイバーたちが、東海岸沖に沈んでいた謎のドイツの潜水艦「Uボート」の正体を突き止めようと命をかけて、歴史を書き換えていく物語だ。

ここから先は、有料コンテンツになります。記事1本ごと100〜200円で購入するよりも、月額900円で70本以上の記事が配信される定期購読マガジン「文藝春秋digital<シェアしたくなる教養メディア>」の方がお得です。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

この続きをみるには

この続き: 1,307文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……「活字エンターテインメント」のすべてがここにある。

文藝春秋digital

月額900円

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届け...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
3
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。 Facebook:https://www.facebook.com/bungeishunju/