文藝春秋digital記事TOP亀井氏

令和の開拓者たち・亀井隆平(シリウス代表取締役社長)

時代を切り拓く“異能”の人びとの物語を、新進気鋭のライターたちが描く連載ノンフィクション。今回の主人公は、シリウス代表取締役社長・亀井隆平氏です。/文・大西康之(ジャーナリスト)

「三洋魂を復活させる」──脱サラした男の逆転人生

 平成の時代は、日本の電機産業にとって「失われた30年」だった。海外の原発事業で大失敗した東芝は、白物家電事業を中国の美的集団(マイデイア)に売却。液晶パネルの過大投資で資金繰りに窮したシャープは台湾の鴻海(ホンハイ)に買収され、東芝のパソコン事業はシャープの傘下に入った。三洋電機も解体され、白物家電は中国の海爾(ハイアール)、半導体は米国のオン・セミコンダクターに買収された。

 業界再編の嵐の中で何十万人のサラリーマンが、外国資本の下で働くことを余儀なくされ、あるいはリストラで慣れ親しんできた職場を追われた。そして「路頭に迷う」という言葉がよく使われるように、会社を放り出されたサラリーマンの行く末は哀れなものと思われがちだ。

 だが、会社を去った人々の「その後」を丹念に追っていくと、全く違う光景が見えてくる――。

 クラウドファンディングをご存知だろうか。資金集めが難しいベンチャー企業がインターネット上で新しい製品やサービスの企画を公開する。企画を気に入った人に数千円から数万円の小口出資をしてもらい、目標額が集まらなければ返金、集まれば事業は継続。出資者は見返りに、完成品やサービスを格安で受け取ることができる。

 その代表格「Makuake(幕開け)」で驚異的なスピードで目標資金を集めたプロジェクトがある。

 元三洋電機社員の亀井隆平が経営する「シリウス」が企画・開発した「スティック型コードレスクリーナー・switle(スイトル)」だ。9月1日に募集を始めるとわずか3時間で目標金額の50万円を突破。2週間で目標の7倍弱、336万円が集まった。これだけの実績があれば、銀行も融資に応じてくれるという。

スイトル シリウス提供

世界初の水洗いクリーナー「スイトル」

 この掃除機、何が凄いかというと、場所を取らないスティック型で重さ2,027グラムと抜群に軽いのだ。しかもその吸引力は本格的なキャニスター型と同等。それを中国で生産し1万9,800円で販売する。

 テレビショッピングみたいになってきたが、スイトルの吸い込み仕事率は100ワットで、日本でも大人気、英ダイソンのスティック型コードレスと同等。ダイソンは3万2,000円だから、コストに敏感なネット・ユーザーが反応するのも無理はない。

 三洋電機を辞め、「スイトル」を生み出した亀井。この物語の主人公だ。

亀井氏 写真_トリム済み

ハマコーの秘書だった

 今年55歳になった亀井は身長180センチ、体重100キロの偉丈夫。国士舘大学柔道部、三洋電機柔道部で鳴らした柔道6段の猛者だ。三洋電機時代は渉外担当として、社長だった創業家の井植敏雅や会長の野中ともよの下で働いたこともある。

この続きをみるには

この続き: 8,754文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
12
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。