見出し画像

平山周吉 電子で甦える江藤淳 巻頭随筆

文藝春秋digital

文・平山周吉(雑文家)

生誕90年を迎える江藤淳氏 ©文藝春秋

10代、20代の頃、お正月に配達される新聞を開くのはなんともいえない愉しみだった。昭和40、50年代の話である。増ページされた紙面には各出版社の新企画が次々と出てくる。今年はどんな全集が出るか。買いもしないのに、豪勢な蔵書家になった気分だった。

就職してから欲張って買った全集類はかなりあったが、それらもばっさり処分された。忙しくて読めない。住宅事情が許さない。頁も開かないままに手を離れた。

数え上げてみると、漱石、芥川、志賀といったオーソドックスなものから、子規、尾崎一雄、梅崎春生、阿部昭や、明らかに背伸びをした本居宣長、契沖まで買い揃えた。立派な函入り本は、いつのまにか幼かった子供たちの手で落書きされていた。

あのいまや失われた個人全集が並んだ書棚を、微かな悔いと共に思い出すのは、ひょんなことから、電子書籍で『江藤淳全集』を出すことになったからだ。23年前に自死した江藤淳は、今年の12月25日で生誕90年となる。記念の年とも気づかず、この7月から、暴挙とも言える試みは始まった。

江藤淳は生前に、講談社と河出書房新社から著作集が出ている。全集も発刊が予定されていた。ライフワーク『漱石とその時代』全5部の完結後に、『江藤淳全集』(全12巻)が出版されることになっていて、著者自身の頭の中で、全巻の構成は出来上がっていた。モデルとしていたのは全12巻の『小林秀雄全集』(小林の生前に編集された版)らしい。

しかし、衝撃的な死によって、ライフワークは完結しなかった。それに殉じたわけでもあるまいが、『江藤淳全集』の企画もいつか沙汰止みになってしまった。出版環境が昭和と平成では大きく様変わりしていたのも、ひとつの理由だろう。個人全集の時代はとうに過ぎ去っていた。

江藤淳のライヴァルであり盟友でもあった吉本隆明の全集は、晶文社から刊行中だ。それなら江藤淳の全集があっても一向におかしくはない。ただ、江藤と吉本を比較すれば、人気も人望も吉本のほうがはるかに勝っていた。『吉本隆明全集』(全38巻・別巻1)を推進しているのは、吉本さんの元担当編集者たちという。

自らを「絶対的少数派」であると腹をくくり、戦後体制全体を相手に、誰彼かまわず論争を挑み、悪罵を吐いた江藤淳では、賛同者も少なかろう。『閉された言語空間――占領軍の検閲と戦後日本』や『成熟と喪失――“母”の崩壊』が文庫本でずっと読まれているのだから、それを以て瞑すべきか、と全集についてはほぼ諦めかけていた。

この続きをみるには

この続き: 658文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを配信。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

購入済みの方はログイン

東浩紀、小泉悠、成田悠輔、鈴木エイト…旬の論者がホンネを語る生配信が充実