北里柴三郎 福沢とコッホへの「報恩」 大村智 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

北里柴三郎 福沢とコッホへの「報恩」 大村智 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
細菌学に多大な功績を遺した“近代日本医学の父”北里柴三郎(1853~1931)。北里研究所所長も務めたノーベル賞受賞者・大村智氏が「北里精神」の真髄を語る。/文・大村智(北里大学特別栄誉教授)

大村智(語り手)

大村氏

私が30代前半の頃、薬学系の研究者たちと欧州視察に行った。ある製薬企業を訪問した際に、先方から北里柴三郎の話が出て大いに盛り上がった。ヨーロッパでの北里の評価の高さを目の当たりにし、あらためてその偉大さを思い知ったものだ。

北里は「報恩の精神」を大切にした。中でも伝染病研究所の開設を援助してくれた福沢諭吉への感謝は絶大で、慶應義塾大学部医学科設立の際には弟子たちを率いて慶應に移り、その礎を築いて恩に報いた。

ドイツ留学時の恩師、細菌学者ロベルト・コッホへの敬愛の念も忘れなかった。その深さは、コッホの死後、伝染病研究所内に祠を建立して祀るほど。いまその祠堂は北里研究所内に「コッホ・北里神社」として移設され、北里の命日には例祭が執り行われている。

北里は緻密な仕事ぶりでも知られた。だが、彼が真に目指したのはその先にある「実学」だった。研究が成功して何かを発見したとしても、それで終わったのでは自己満足に過ぎない。その成果が人々の生活に役立って初めて研究の意味がある——という実学の思想が、北里の行動を支配していたのだ。

北里柴三郎

北里柴三郎

この続きをみるには

この続き: 289文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。