見出し画像

角幡唯介さんの「今月の必読書」…『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』川内有緒

文藝春秋digital

わからないことを認めて楽しむ

以前、太陽の昇らない冬の北極を彷徨い歩いたとき、目の見えない人の世界に想像をめぐらせたことがある。闇の世界で私は、普段なら絶対に意識しない足裏の皮膚感覚をたよりに方向をさぐった。足裏的に負荷がかかっているから今は登りだ……といった感じだ。しかし極夜は月や星の光があり、長いけれども普通の夜、完全な闇ではない。視覚ばかりか視覚の記憶すらない人の世界像は想像することさえ不可能だった。

友人の誘いをきっかけにはじまる目の見えない白鳥建二さんとのアートめぐりは、読んでいるこちらまで心がウキウキする面白い本だ。視覚のある人は視覚のない人の世界が想像できない。だから一体どのようにアテンドしたらいいのかおたおたして、巨匠が描いた名画を前に、ここは南フランスだとか、この女性の顔が怖いとか、そんな説明では巨匠も泣くわ、といったたどたどしい言葉しか出てこない。でも白鳥さんはそんなやりとりが面白いという。そして読者にとってもアテンド側の漫才のようなかけあいが読み応えがある。

この続きをみるには

この続き: 680文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!