note_ノート_記事見出し画像_アイキャッチ

新連載イラストレーション決定&発表!

 月刊『文藝春秋』では、3月10日発売4月号から、「From 文藝春秋digital 今月のRE-PUBLISH」という新連載が始まります。文藝春秋digitalオリジナル(ウェブ版オリジナル)から毎月1本「話題の記事」を紙の雑誌へと〈逆回転〉させる、という趣旨の企画です。

 その新たな連載のイラストレーションを、noteで募集させていただきました(募集要項の詳細は以下の記事をご覧ください)。

 その結果、なんと50を超えるイラストレーションが寄せられました。どの作品も素晴らしく、ハイクオリティで、見る人の胸を打つものばかりでした。

 応募していただいた全てのnoteクリエイターの方々に、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました!

 社内で厳正な選考を行った結果、4月号(3月10日発売)、5月号(4月10日発売)、6月号(5月10日発売)に掲載するイラストレーションは、以下の作品に決定いたしました。

★Kanabemouse.artさん

・新連載のコンセプトイメージに非常に合っている
・インパクトがありつつも、3ヶ月続いても見飽きない魅力がある
・『文藝春秋』の誌面レイアウトに馴染んでいる

 Kanabemouse.artさんのイラストレーションについては、選考の過程で、上記のような意見が挙がりました。

新連載レイアウト

 新連載記事は、3月10日発売号より掲載されますので、お楽しみに!

 noteでのイラストレーションの募集は引き続き、行っています。次回、切り替わるのは、7月号(6月10日号)からです。選考の対象になるのは、募集開始以降、投稿されたすべての作品です。今回選ばれなかった作品が、次回選ばれる可能性もあります。

 引き続き、皆さまの素敵なイラストレーションをお待ちしています。


【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
35
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

キミもnoteを使おう!
キミもnoteを使おう!
  • 2017本

『note(ノート)』は文章・つぶやき・画像・動画・音声を無料または有料で投稿したり、投稿者に支援金(おひねり)を贈ったりできる、マネタイズ機能を装備したクリエイター応援型メディア。創作発表の主舞台や業務依頼のプラットフォームなど、その活用法は無限大。 仕事仲間はもちろん、お友だちやご家族にもnoteをおすすめしよう。😃✨

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。