角栄先生と父の対話|武見敬三
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

角栄先生と父の対話|武見敬三

文・武見敬三(参議院議員)

自民党新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の顧問として、経済を生かしながらコロナを封じ込める最善策とは何か、自問自答する日々が続いている。

今、世間を見渡すと、「なぜ、政府は緊急事態宣言を出さないのか」「もっと夜の街を取り締まれ」「補償がなければ死んでしまう」と政府に次から次へと注文する声であふれているようだ。

だが、政府が極端に私権を封じることは、個人の自由と民主主義にとって良いことではない。政府が補償にばかり走ることも、私たちの子孫に大きな負担を残しかねない。補償の原資は税金だからだ。

先日、テレビ番組で「政治家は御用聞きではありません」「何でもお上に頼るのではなく、強い個を育てる必要がある」と申し上げたところ、視聴者から「公が私に尽くすのは当然である」というお叱りの言葉を頂いてしまった。

悩む毎日のなか、政治家の大先輩である田中角栄先生と交わした言葉の数々を思い出す。部屋に入って来るだけで雰囲気が一変するほどの強烈な個性の持ち主だった。

この続きをみるには

この続き: 1,243文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。