見出し画像

「コープさっぽろ」ビジネスと社会貢献を両立する理想のCSV経営

アメリカのビジネススクールを経て現在、早稲田大学ビジネススクールで教鞭をとる入山章栄(いりやまあきえ)教授。グローバルな経営戦略に精通する経営学者が推薦したのは、地域に根差した生活協同組合のトップだった。

ビジネスと社会課題の解決との両立

入山章栄教授

入山教授(早稲田大学ビジネススクール)

いま経営学の世界では、株主(出資者)だけを見て短期的な利益を追い求める株主資本主義に対し、懐疑的な見方が広がっています。CSR(企業の社会的な責任)や、企業活動を通じて社会課題の解決を目指すCSV(共通価値の創造)といった概念はそこから生まれたものです。

今回、私が推す大見(おおみ)英明氏(62)は、北海道全域で展開している「生活協同組合コープさっぽろ」の理事長です。生活協同組合は法律上、出資して組合員にならないと利用できないのですが、これは出資者が同時に顧客でもあるということ。

また、地域の組合員に貢献するという大義名分があれば、商圏が小さく、利益が見こめない場所へ出店することもあります。

つまり生協は、株主資本主義のあり方や、ビジネスと社会課題の解決との両立を考える上で、非常に示唆に富む存在なのです。

日本だと、都市部など地域によっては生協になじみのない人もいるでしょうが、スウェーデンやフィンランドなど北欧では生協が生活インフラを支えています。近年、「日本は北欧モデルを目指せ」という声も聞きますから、もっと生協に注目してもいいのではないでしょうか。

大見英明さん写真

大見理事長(コープさっぽろ)

コープさっぽろでは、宅配ビジネスが収益の大きな柱になっています。コロナ禍で多くの企業が宅配ビジネスに乗り出そうとしていますが、簡単にいかないのは配送網がないから。しかしコープさっぽろは、以前から自前の配達車両、配送拠点を整備していました。これは商圏が広い上に、少子高齢化が進んで買い物弱者が増えている北海道で、店舗販売だけに依存するリスクを予見していたからでしょう。期せずして、それがコロナ流行時に多くの需要を取り込んでいるのです。

この続きをみるには

この続き: 918文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
14
一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。