文藝春秋digital
塩野七生 東京っ子の心意気 露伴、鷗外、一葉… 日本人へ226
見出し画像

塩野七生 東京っ子の心意気 露伴、鷗外、一葉… 日本人へ226

文藝春秋digital
文・塩野七生(作家・在イタリア)

いかに漱石でもこのような想いは、親しい仲の鈴木三重吉にだけ書いている。

「死ぬか生きるか、命のやりとりをする様な維新の志士の如きはげしい精神で文学をやってみたい。それでないと何だか、難をすてて易につき、劇をいとふて閑に走る、所謂腰抜こしぬけ文学者の様な気がしてならん」

これにはおおいに共感したので書き写して仕事場の壁に張りつけたのだが、漱石先生ちょっと大ゲサでは、とは思ったのだった。

しかし、大久保利通について少しばかり書いた今、大ゲサとは思わなくなっている。それどころか、あの時代に生きた日本人にとっての明治維新とは、遠い過去の話ではなくてつい昨日の出来事ではなかったか、とまで思い始めている。

1877年2月――西南の役始まる。8月、大久保の肝入りの結果でもある、日本初の内国勧業博覧会(つまりエクスポ)開催。9月24日、西郷隆盛の死をもって、不平士族たちによる反乱終結。
1878年1月末――これまた大久保が熱心に進めていた駒場農学校(東京大学農学部の前身)開校。3月、安積疎水事業を着工させたことで、インフラ整備も始めていた。

しかし5月14日、閣議に向う途路、旧士族の一群に襲われて殺されてしまう。そしてその4カ月後に、凶行現場にほど近い東京の都心に、日本最初の公立中学校が開校されるのである。

戦前までの名は府立一中、戦後からの名は都立日比谷高校。このようなわけでわが母校はやたらと古いのだが、それだけにここで学んだ人たち全員の名簿も開校時までさかのぼることができる。これがちょっとしたものなのだ。

( )内はペンネーム。
幸田成行(露伴)、
尾崎徳太郎(紅葉)、
山田武太郎(美妙)、
夏目金之助(漱石)。

この全員の中学就学当初の年齢は、10歳から11歳というところ。つまり、大久保が暗殺された年、この少年たちは、凶行現場からはほど近い学校に通い始めていたということだ。

しかし、露伴、紅葉、美妙、漱石という「一中グループ」には入らなくても、明治の文人となれば欠くことが許されないのが、少なくとも他に3人いる。

二葉亭四迷に森鴎外に樋口一葉。

この続きをみるには

この続き: 1,012文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。