水木しげる 偉ぶらない、高ぶらない 武良布枝 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

水木しげる 偉ぶらない、高ぶらない 武良布枝 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』などの人気漫画で、日本の妖怪文化を発掘した水木しげる(1922~2015)。連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の原作者で知られる妻の武良布枝氏が水木の晩年を語る。/文・武良布枝(夫人)

語り部・武良布枝

武良さん

水木が生きていれば、2022年に満100歳を迎えていました。「オレは100歳はいけるネ」が口癖で、90を過ぎてもよく食べ、よく歩きました。心不全で倒れたときは、快復しないと思うほど痩せたのが、半年たつと顔がふっくらして元気な姿に戻りました。いつも明るく、「夫は死なない人間だ」と思っていたのに、6年前の秋、ころりと逝きました。

朝、ベッドからトイレへ向かう途中で転倒し、頭を打ったのです。救急搬送された病院で硬膜下血腫と診断され、頭蓋骨を開ける緊急手術を受けました。2週間後には集中治療室から一般病棟へ移ることが決まり、娘たちと「お父ちゃんが帰ってきたらこうしよう」と話し合っていました。ところが、深夜に病院から電話があり、長女が駆けつけてすぐ危篤になりました。水木は生前「最期は虫や動物のように自然に死にたい」と書いていたので、延命治療は断り、私と次女が到着したのは、息を引き取ったあとでした。

水木しげる

水木しげる

この続きをみるには

この続き: 348文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。