文藝春秋digital
野中広務 票にもカネにもならぬ仕事 中川智子 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

野中広務 票にもカネにもならぬ仕事 中川智子 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
前宝塚市長の中川智子氏は、社民党の1年生代議士だった平成9年、自民党の重鎮・野中広務(1925~2018)と知り合う。以来、党派を超えた深い交流が続いた。/文・中川智子(元宝塚市長)

語り部・中川智子

中川氏

米軍の土地使用に関する衆議院の特別委員会で、委員長を務めていた野中さんは「初めて沖縄を訪れたときに乗ったタクシーの運転手が『妹は日本軍に殺された』と泣く姿を見て、沖縄の人たちの悲しみに寄り添うと決心した」と語りました。私は面識もないのに事務所へ押しかけて「あなたみたいな政治家に会えてよかった」と感動を伝えました。

その夜、私の議員宿舎のドアポケットに、お菓子の袋と「困ったことがあったら何でも相談しなさい」と携帯番号を書いたメモが入っていました。

野中広務

野中広務

それから被災者生活再建支援法や、ハンセン病患者の国家賠償訴訟などで相談するたび、親身になって力を貸してくださいました。理由を尋ねると、こう言われました。

「君は、票にもお金にもならない仕事に取り組んでいる。光の当たらない人に手を差し伸べるのが政治家だ。君の応援をしたら、僕もいい仕事ができたと思えるんだよ」

この続きをみるには

この続き: 337文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。