同級生交歓

同級生交歓ーー長野県上田高校(昭和56年卒)

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

(右から)
大阪教育大学教授 戸田有一
モチベーションファクター代表取締役 山口博
八十二銀行常務取締役 宮原博之

【トメ】

長野県上田市 長野県上田高校にて(撮影・白澤正)

 上田は古くから城下町として栄え、大正時代には地域民衆の教育を求める自由大学運動が起こった。我々が卒業した上田高校は上田藩主居館跡に建ち、その校門や堀から歴史を感じられる。

 戸田は東京大学大学院で学び、教育心理学等が専門。世界各国のいじめ研究者と協働しており、ケンブリッジ大学出版局から共編著を出版している。宮原は東北大学を卒業後、変わらぬ誠実さを発揮し、地域経済の発展のために尽力してきた。私は慶應義塾大学を卒業後、モチベーションファクター(意欲を高める要素)を梃にした、巻き込み型リーダーシップ実践プログラムを全国企業・団体で実施している。

 40年の時を経てこの地に集った3人は、今でも交流しつつ、それぞれの分野で重要課題の解決に取り組んでいる。(山口)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
3
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。