見出し画像

『ミシンと金魚』著者・永井みみさんインタビュー

文藝春秋digital

文学界に彗星のごとく現れた作家の永井みみさん。現在56歳。ケアマネージャーとして働くかたわら執筆した『ミシンと金魚』が話題だ。これがデビュー作。すばる文学賞を受賞し、選考委員は口を揃えて「傑作だ」と絶賛する。

「今から20年以上前ですが、小説の執筆に集中して取り組んだ時期があったんです。当時の私は専業主婦でしたが、作家になりたくて。自分なりの方法論も持っていたんですね。でも、2004年に芥川賞を受賞した金原ひとみさんの『蛇にピアス』を読んで衝撃を受けた。わずか20歳ながら、彼女の経験の蓄積と身を削る姿勢に圧倒されて、『これは私には無理だ』と諦めていたんです」

それからは訪問ヘルパーとして6年働き、現在のケアマネージャーになって6年が経つ。今作は、そんな永井さんの現場体験を活かした作品とも言える。

主人公のカケイさんは認知症だ。ろくに足腰が立たず、嫁に浣腸されて排泄し、トロミをつけないとお茶が飲み干せない。「半分、死んでる」。カケイさんは自嘲気味に語る。だが、物語が3分の1を過ぎたあたり、彼女がポツリ、ポツリと語り始める人生は、壮絶そのものだ。

この続きをみるには

この続き: 508文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!