新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
手嶋龍一さんが今月買った10冊

手嶋龍一さんが今月買った10冊の本

「スーパー大陸」のアメリカ離れ

海を隔ててニッポンから遥かに望む巨大な大陸がいま、どのように変貌しつつあるのか――。『スーパー大陸 ユーラシア統合の地政学』は、その素顔を活写して鮮烈だ。本来なら絶好の観測地点にいる日本の研究者が担うべき仕事なのだが、生涯を通じて東アジアと向き合ってきたケント・カルダー教授が知力の限りを尽くして力作をものしてくれた。

歴史上、「スーパー大陸」が初めて登場したのは北アメリカだった。19世紀後半に大陸横断鉄道を完成させ、20世紀初めにはパナマ運河を開通させて、大西洋と太平洋を「結合」させ、真の意味で合衆国の統合を成し遂げた。「アメリカの世紀」を招来する礎が整ったのである。

そしていま、習近平の中国は「一帯一路構想」を打ち上げ、欧州をも惹きつけてユーラシアの大地を「統合」し、新たな「スーパー大陸」を誕生させつつある。鄧小平が推進した「4つの現代化」路線の延長上に、陸と海と氷のシルクロードを張り巡らし「ユーラシアの世紀」を現実のものにしようとしている。

カルダー教授の眼差しは単に現代中国に向いているのではない。ソ連が崩壊し、リーマン・ショックが米国依存に警鐘を鳴らし、ウクライナ危機が中ロ両大国を「新協商」に向かわせたことで「スーパー大陸」の潮流に一段と弾みがついたと堅牢な論拠を示して説いている。

加えて「トランプの出現」が米国の対欧州、東アジア同盟を劣化させ、「スーパー大陸」のアメリカ離れを加速させていると断じている。

「攻撃的な米国の単独主義は、皮肉にも危機を生み出し、ドルを致命的に弱体化させるような制度的な進展を引き起こす触媒となるかもしれない」

トランプ再選の是非を問う戦いを前に東アジア研究の第一人者がこの書を世に問うた真意は明らかだろう。民主党内の混迷に助けられて異形の大統領があと4年ホワイトハウスに居座れば、民主主義と自由の旗を掲げてきたこの国は、世界の指導的な地位から滑り落ちるかもしれない――そんな危機感が本書の行間から滲んでいる。多くの人に薦めたい1冊だが、ごく普通の分量なのに3850円。出版不況で部数が限られ、単価が高くなっていると版元は嘆く。これでは知が疲弊してしまう。

こうした出版界の苦境は名門といわれた版元を「嫌中」「嫌韓」を煽るヘイト本に走らせている。安易な黄禍論に手を伸ばすなら、『井上ひさし ベスト・エッセイ』の「魯迅の講義ノート」を読んでほしい。若き日の魯迅が仙台の医学校に学んだ折、ひとりの教授から懇切な個人指導を受けた。魯迅自身も「藤野先生」に書き残している。故井上ひさしは仙台のデパートの展示会で藤野先生が朱筆でびっしりと書き込んだ魯迅のノートを目の当たりにした。

「6冊の講義ノートの美しさを、ほんとうに支えているのは、頁のいたるところに赤インクで太く書き込まれた金釘文字の行列である」

魯迅は生涯を貫いて「一般論は危険だ」と警鐘を鳴らした。「日本人は狡猾だ」「中国人には国家の観念がない」といった偏見に囚われなかった人々が日中双方にいたのである。

新型肺炎の広がりを受けて日本のメディアは「コロナ報道」一色に染まっている。新たに編まれた『開高健短篇選』が冒頭に「パニック」を配したのは先見の明がある。日本列島に野ネズミが凶暴なまでに繁殖し、人々を恐怖に陥れる物語だ。ササが120年ごとに大量繁茂し、それを食べて野ネズミが異常に増殖する記事を開高は通勤電車でふと目にして筆を執ったという。不気味に増え続ける野ネズミとそれに翻弄される人間模様を活き活きと描き、戦後の文壇に痛打を浴びせたデビュー作だ。県庁山林課に勤める主人公は、忍び寄る危機を早くから警告したが、腐敗した役所は自己保身に汲々として一向に対策を打とうとしない。人間の社会は半世紀が経っても何も変わらないと嘆息してしまう。

「今月買った本」は橘玲、森絵都、手嶋龍一、本上まなみの4氏が交代で執筆いたします。
【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。