見出し画像

マンガ『大地の子』第20話 消息|原作・山崎豊子

第20話 消息

「これから私はまた中国に戻ります。もしも何かできることがあればすぐご連絡ください」。勝男(陸一心)とあつ子の消息をたどろうとする実父・松本耕次だったが……。

★前回の話を読む。
★次の話を読む。
★最初から読む。

原作:山崎豊子
大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎日出版文化賞特別賞を受賞。 25 年に逝去。

画:かんようこ
画家、イラストレーター。主な作画作品に『NEW 世界の歴史 2 冷戦と冷戦後の世界』(学研プラス)、『マンガでわかる! 人工知能 AI は人間に何をもたらすのか』(SB クリエイティブ)、『まんがでわかる ヒトいじめ」をやめられない』(小学館)他。

Q:『大地の子』とは?
日本人戦争孤児で、中国人の教師に養育された陸一心。肉親の情と中国への思いの間で揺れる青年の苦難の旅路を、戦争や文化大革命などの歴史を背景に壮大に描く大河小説。1995年、日中共同制作によって上川隆也主演でドラマ化され、大きな反響を呼んだ。時代を超えて愛される山崎豊子を代表する作品である。日中の「今」を解く鍵はここにある!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。