スターは楽し ソフィア・ローレン|芝山幹郎
見出し画像

スターは楽し ソフィア・ローレン|芝山幹郎

自生した果実の「無敵」

ジーナ・ロロブリジダ、シルヴァーナ・マンガーノ、ソフィア・ローレン、クラウディア・カルディナーレ。第二次世界大戦後、イタリアからは豪快な……もとい、豪華なスターが続々と登場した。

いや、「豪快」と呼ぶほうが、むしろ適切かもしれない。見た目の華やかさはいうまでもないが、彼女たちは、肝っ玉の据わり方が尋常ではなかった。

なかでもソフィア・ローレンの迫力は圧倒的だ。10代の私は、スクリーンの彼女を見て無敵だと思った。

174センチの長身。力強く突き出た胸。きゅっとくびれた腰。すらりと伸びた脚。眼は情感豊かに輝き、下唇は南国の果物のように柔らかそうだ。

見た目がゴージャスなだけではない。うぬぼれや小細工と縁のなさそうな率直さが感じられ、コミカルな味もある。正直で豪華でおかしい、と三拍子がそろえば、無敵と呼ぶほかないではないか。

あのころ私が見ていたのは、『昨日・今日・明日』(1963)や『あゝ結婚』(1964)のローレンだった。だれもが知る佳篇で、共演はもちろんマルチェロ・マストロヤンニ(彼とは都合11本も協働した)。陽気で、情感の深い映画だ。

ローレン自身も、脂の乗り切った時期だった。なにしろ芝居ができる。造作のくっきりした美貌や奔放な姿態を強力な武器としつつ、容姿にもたれぬ技をつぎつぎと繰り出してくる。昂然と頭を上げたライオンのように街を歩く姿と、好きな男を信じられずにしょんぼりしてしまう姿を難なく同居させている。

この続きをみるには

この続き: 1,624文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。