濱口竜介 カンヌより
見出し画像

濱口竜介 カンヌより

文・濱口竜介(映画監督)

カンヌ国際映画祭には3年ぶりの参加でしたが、パンデミックの最中でも、熱気は以前とさほど変わりませんでした。コンペティション部門で、私の作品が上映されたときは、客席はほぼ満席で歓声が湧き、日本人の私の感覚からすると、少し怖く思えるほどでした。

村上春樹さんの原作を映画化した『ドライブ・マイ・カー』が私にとっては2度目のカンヌ映画祭、コンペティションへの出品でした。結果として、東京藝術大学大学院で私の先生だった黒沢清監督が受賞されて以来、20年ぶりの国際映画批評家連盟賞など独立賞3賞をいただきました。そして、脚本賞を日本映画では初めて獲得しました。こうした評価は光栄なことです。

カンヌなどの大きな映画祭に出品すると「日本映画界代表」のように言われることもありますが、私としては、違和感があります。

パルム・ドールと呼ばれるカンヌの最高賞は、かつて黒澤明監督や衣笠貞之助監督が獲っています。カンヌのみならず、ヴェネツィア国際映画祭でも溝口健二監督の作品が高く評価されていました。そのような日本映画の黄金期と今とでは、日本映画を取り巻く環境は大きく変わっていますし、映画祭の意味も違います。日本人が最も映画を観ていたのは1958年で、年間約11億人の観客動員数を誇っていました。映画はすべてフィルムで撮影され、撮影所では集合知が蓄積され、「本当に今と同じ国か」と思えるほど、名作を量産できる豊穣な制作環境がありました。

この続きをみるには

この続き: 1,143文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。