『その扉をたたく音』著者・瀬尾まいこさんインタビュー
見出し画像

『その扉をたたく音』著者・瀬尾まいこさんインタビュー

要クレジット、(c)内藤貞保

瀬尾まいこさん
写真:内藤貞保

29歳、無職、ミュージシャンを夢見る宮路くんが物語の主人公だ。親からの仕送りで生活をしながら、日々無為に過ごしている。その彼が老人ホームを慰問し、介護士の渡部くんが吹くサックスを耳にして物語が始まる。

瀬尾まいこさんは、打ち合わせてから約3カ月という短期間でこの長編をほぼ書き上げた。「2019年の本屋大賞を受賞した直後で、大勢の人から誉められて気持ちがよかったのかも」と笑う。

老人ホームを舞台にしたのは、自身が中学校で働いていた時にたびたび訪れた経験があり、当時祖母が入居していたこともあって想像しやすかったからだ。しかし、その後の設定は細かく設けない。作中の人物たちにまかせて筆を進める。

「私はもともとおしゃべりが好きで、物語の登場人物をしゃべらせるのも好き。小説を会話だけで書きたいくらいなんです」と語る。その通りに老人ホームの入居者と宮路の会話は、軽妙で楽しい。宮路が「ぼんくら」と呼ばれながら「本当うるさい、ばばあだ」と返す様は、ノリツッコミの利いた紙上漫才のようだ。

この続きをみるには

この続き: 549文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。