江副浩正 心拍数が違う宇宙人 伊庭野基明 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

江副浩正 心拍数が違う宇宙人 伊庭野基明 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
リクルートの株式時価総額は2021年、国内4位になった。創業者の江副浩正(1936~2013)は、リクルート事件で知られるが、天才的な起業家でもあった。元部下の伊庭野基明氏が語る。/文・伊庭野基明(元米国リクルート社長)

私は元々日本IBMのシステム・エンジニアで、米国のビジネススクールを経て、1986年暮れに中途入社しました。面接の時、江副さんに「入るか入らないか、ここで決めてくれ」と言われ、「せっかちな人だなあ」というのが第一印象でした。

入社するとすぐ「米国に行ってくれ。ニューヨーク、ロンドン、東京(川崎)にコンピューター・ビルを建てて、海底ケーブルで結んでお客さんに使ってもらう」と言う。通信機能を備えたコンピューター・ビルは当時、テレポートと呼ばれていましたが、今で言うデータセンターです。

赴任した私はマンハッタンから車で1時間くらいのスタッテン島で野村証券が建設していたテレポートに拠点を構え、現地スタッフを採用し始めました。気の早い江副さんはその時点でトップ営業を始めます。プラザ合意で始まった急激な円高に対応するため多くの日本企業が海外進出を急いでいた時期です。江副さんはこう売り込みました。

「ウチのコンピューターは日米欧の24時間体制。皆さんが寝ている間に働いてくれます」

江副浩正

江副浩正

この続きをみるには

この続き: 274文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。