見出し画像

【動画アーカイブ】山本隆博(@SHARP_JP)×澤田智洋(@sawadayuru)|「大きな広告」から「小さな私」へ 〈正論〉を超えて

◆「広告にできること/ できないこと」とは?

「シャープさん」こと山本隆博氏と、大手広告会社所属のコピーライターでありながら「世界ゆるスポーツ協会」の代表を務める澤田智洋氏。

これまで関わりのなかった2人ですが、実は共通している部分が大きく2つあります。

1つ目は、企業側・代理店側という立場の違いはあれど、テレビCMや新聞広告を作る仕事に従事していたこと。

2つ目に、どちらも「大きな広告にはできないこと」に気づき、「小さな私からできること」を始めた人だということ。

凡庸な広告の暴虐さを消したかった。|「シャープさん」山本隆博(@SHARP_JP)

この記事で山本隆博氏は〈「私」という小さな主語と、広告という大上段が両立する言葉を探りはじめた〉という言葉を記しました。

マイノリティデザイン。それは、弱さを生かせる社会をつくる方法

いっぽう、澤田智洋氏はこの記事で、「誰かの、あるいは自分の『マイノリティ性』に着目し、『弱さ』を『新しい強さ』に変える。」という発想について語っています。

澤田氏は、そうした考え方を綴った著書『マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう』を3月3日に刊行します。

2人が感じた広告の限界とは?
「わたし」や「マイノリティ」という小さな主語から始まる可能性とは?
「いかがなものか?」という社会の正論を超えてゆくには?

※本イベントは3月5日に行われました。動画アーカイブは、以下よりご覧ください。「文藝春秋digital」定期購読者限定でご覧いただけます。

◆動画アーカイブ

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
25
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。