見出し画像

同級生交歓|東海中学・高等学校 昭和37年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

【トメ】

愛知県名古屋市 名鉄ニューグランドホテルにて(撮影・山元茂樹)

(右から)
医師・愛知県医師会前副理事
山本楯

京都大学名誉教授
大嶽秀夫

東陽テクニカ元常務取締役
亀井博二

昭和35年、東海高校に放送部が作られ、ミタテ(山本くん)と僕とは最初の部員となった。ミタテとはジャズの番組を作った。この年は安保改定の年でもあり、講堂で反対集会が開かれた。教職員の前で僕も演説をぶった。僕らは大学生の後に続いて、デモにも参加した。東海は男子校だったが、女子校の淑徳学園の放送部と仲が良く、全国大会にも一緒に行った。一緒にフォークダンスをするのが楽しみだった。

カメさん(亀井くん)は、バスケット部に所属し、インターハイに出場するほどのレベルだった。カメさんや数人の仲間と伊勢の英虞(あご)湾の浜辺で数日キャンプし、真っ黒に日焼けした。海女の卵の女の子たちと、浜辺でソフトボールをして遊んだ。僕らの青春だった。(大嶽)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「# みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「# みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。