本郷恵子さんの「今月の必読書」…『動物たちの家』奥山淳志
見出し画像

本郷恵子さんの「今月の必読書」…『動物たちの家』奥山淳志

文藝春秋digital

人間と動物、その儚い関係を綴る

私は猫派である。猫が主人で、私は下僕。猫が好き放題にしていてくれれば、私も気が楽だ。だが犬との関係は楽ではない。けなげな目でひたと見つめられ、全身で無償の忠義を示されたら、どうしていいかわからない。犬の一途な魂にみあうほどの器量を、たいていの人間は持っていない。ああ、犬は切ない。

著者は1972年生まれ。4歳の時に、大阪の公営団地から奈良の新興住宅地に移り、そこで犬や、そのほかの生き物たちとの生活が始まった。「全身を毛や羽で覆われた温かで小さな生命たち」と過ごした日々を綴ったのが本書である。

最初の犬はボビー。居間の掃き出し窓の外から、いつも家の中を眺めていた。昭和の犬は、かなり雑に扱われていて、ボビーのような中型犬を室内飼いするなど論外だった。それでもボビーはときどき器用に窓を開け、家の中に入ってきた。厳格な父がいない時だけ、つながれている鎖の伸びるところまでだったが。

小学生になった著者は、セキセイインコのアー坊、ハムスターのハムちゃんなど、さまざまな小動物の飼育に熱中する。巣から落ちたドバトのヒナを拾って、全くの自己流で訓練し、レース鳩に育てるという無茶な野望を抱いたりもした。小動物の生命は儚い。著者は彼らが息絶えるたびに泣きじゃくり、ティッシュペーパーに包んで、庭の百日紅さるすべりの下に埋めた。

この続きをみるには

この続き: 553文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。