クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物|デビューは1歳7か月! 紅白に出場もした舞台役者は?
見出し画像

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物|デビューは1歳7か月! 紅白に出場もした舞台役者は?

画像1

【ヒント】
デビューは1歳7か月! 紅白に出場もした舞台役者は?

大衆演劇の旅一座の座長だった父母のもと、8人きょうだいの7番目の子として生まれた。

「子役デビューは1歳7か月。ある日、舞台の合間の休憩時間に客席が騒がしいので母が見に行くと、おしめをした僕がBGMに合せて花道で踊っていたとか。すぐに着物とかつらを作ってデビューしたそうです」

役者も教育をという父の方針で小学校時代は祖母の家に預けられたが、中学卒業後、兄が座長となった劇団に戻り、一から役者修行を始める。

「転機は、かわいがってくれた漫画家石ノ森章太郎先生に、男女の相舞踊『矢切の渡し』を踊ってほしいと言われ、初めて女形を演じたこと」

艶やかな美しさは「下町の玉三郎」と大評判に。ドラマ出演や、デビュー曲「夢芝居」の大ヒットと、瞬く間にお茶の間でも大人気になった。

「テレビで売れても“やっと舞台でメシが食える”と思っただけで、昔も今も自分の中心はずっと舞台役者。バラエティ番組での毒舌も、求められる“役”を演じているだけ(笑)」

この続きをみるには

この続き: 669文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。