向田邦子に招かれて|合津直枝
見出し画像

向田邦子に招かれて|合津直枝

文・合津直枝(向田邦子没後40年特別イベント総合プロデューサー)

お正月の楽しみといえば、「向田邦子新春ドラマ」だった時期がある。向田が亡くなったのち1985年から十数年間、向田エッセイを原作とした久世光彦演出のスペシャルドラマは、お正月に欠かせないごちそうであった。小林亜星によるテーマ曲「過ぎ去りし日々」と黒柳徹子のナレーション、そして加藤治子の“ニッポンのおかあさん”がいた。太平洋戦争を挟んで、貧しくとも心豊かな昭和にしっとりと浸り、ありし日の麗しい家族の姿を堪能したものだ。

2021年は向田邦子没後40年となる。実は、向田の没年は私の父と同じだ。

1981年8月22日、私は前月から長期休暇をとって、地元松本の父の病室に付き添っていた。夜7時のニュースが、当時としては台湾史上最大の飛行機事故、向田邦子の死を告げた。余命2か月と宣告された父の残り時間はあと1か月余り。口からモノが食べられなくなり、朦朧とする時間が増えていた。が、ニュースを耳にした父は、「早く東京に戻れ。向田さんのご葬儀を手伝いに帰れ」と言うのだ。確かに私も同じテレビ業界にはいる。だけど、(あなたの娘は、向田さんのご葬儀を手伝えるレベルの人間じゃないのよ)と、内にある叫びを飲み込んだ。それから、きっかり1か月で父は逝った。享年55であった。

一昨年、2度ほど仕事上のお付き合いがあった向田家の末妹・和子さんからお誘いがあった。「亡くなって40年になるのに、今もって姉の本が読まれ、映像化のお話がある。いつかその恩返しの会をやりたい。一緒にやってくれない?」と。思いもかけない提案に、一瞬たじろぐが、間髪入れずに「喜んで」と手をあげていた。何といっても私たちテレビマンの“星”=向田邦子なのだから。

この続きをみるには

この続き: 926文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。