見出し画像

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物

【1】1965年0歳

【ヒント】
バレリーナ史上最大規模の引退公演を行い、女優に転身した人物といえば?




皆さん、分かりましたか? 答えは……




◆草刈民代


草刈民代さんサシカエA

1965年5月10日生まれ 女優

「もう、学校をやめたら?」

父の一言で、大好きなバレエの道を究める覚悟を決めた。

「8歳でバレエを始めた頃から『踊りのプロ』を目指し、毎日訓練するつもりで稽古していました。学校は肌に合わず、遅刻も欠席も多くて。父も見かねていたんでしょうね」

高校を1カ月で中退、牧阿佐美バレヱ団に参加。以降、同バレエ団で数々の主役を務め、世界各地のバレエ団でゲスト出演を果たす。44歳でバレリーナを引退し、女優に転身。ドラマ、ライブ、舞台や公演のプロデュースなど、挑戦は留まるところを知らない。

「女優として一段上を目指すために、数年前から歌のレッスンを始めました。バレエは声を発しない表現。踊るときは腹筋を大きく動かさないよう肺式の呼吸で、筋肉の使い方も違う。歌から、腹式呼吸や息のコントロール、筋肉を緩めることを学びました。『踊る身体』から『歌う身体』をつくることで、芝居の仕方も変わってきたように思います」

【2】1970年三人姉妹

東京生まれ。生家からほど近い靖国神社にて。「3姉妹の長女ですが、年子なので3つ子のようでしたね」(本人右端)

【3】1976年②初舞台「くるみ割り人形」

11歳。初舞台は「くるみ割り人形」。「オーケストラが付く全幕バレエは初めて。すごく高揚したのを覚えています」

この続きをみるには

この続き: 563文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
15
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。