見出し画像

不思議な言葉 萩本欽一

文藝春秋digital
著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、萩本欽一さん(コメディアン)です。

不思議な言葉

僕のお母ちゃんは、昔では珍しい女学校出。そして箱入り娘だった。オヤジは小学校しか出ていないから、2人の結婚にお母ちゃんの両親は大反対。でも、「せっかく私のことを好きだって言ってくれているんだから」と言って、オヤジと一緒になったそうです。

心地よい、不思議な言葉を持った人でね。僕が子供の頃から、褒められると思ったら、褒めない。怒られると思ったら、怒らないんだ。全く逆になっちゃう。悲しい話も、お母ちゃんが喋ったら悲しくなくなる。

僕が高校生の時。新聞配達を始めて、朝の4時半に起きるようになったの。目覚まし時計をかけておいて、起きた瞬間に音をパッと止める。そうやって支度をしていたら、お母ちゃんも起きてきた。「大変だから、僕一人で大丈夫だよ」。そう言ったら、こっちを睨みつけてすごい剣幕で怒ったの。

「私は何を言われようと絶対に起きます! とやかく言われる筋合いはない。起きるなって言っても起きる!」

言葉はきついんだけど、そこに深い愛情を感じたね。このお母ちゃん、好きだな、すっげえ人だなって。

この続きをみるには

この続き: 417文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。