藤田嗣治 番町ジイジがくれたクレパス 藤田嗣隆 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

藤田嗣治 番町ジイジがくれたクレパス 藤田嗣隆 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
「乳白色の肌」と呼ばれた裸婦像などでエコール・ド・パリの代表的な画家となった藤田嗣治(1886~1968)。『レオナルド藤田嗣治 覚書』の著者、藤田嗣隆氏が、大叔父・嗣治の思い出を語る。/文・藤田嗣隆(著述家)

語り部・藤田嗣隆

藤田氏

幼い頃私は、当時、麹町六番町に住んでいた大叔父を「番町ジイジ」と呼んでいました。特によく覚えているのは、終戦の前年、学習院初等科に入学した折、大叔父のアトリエに挨拶に行った時のことです。迎えてくれた大叔父は「入学祝いにやろうと手に入れておいたんだ」と言って、優しい顔で大きな箱を渡してくれました。それは55色のサクラクレパスで、真ん中にあったコバルトブルーのあざやかさを今も鮮明に憶えています。

フジタは戦時中、戦争記録画制作に熱中し、また陸軍美術協会の重鎮でもありましたから、敗戦後は一転して画壇から戦争協力者として大きく批判されます。日本中から嫌われ者になったと思いこんだフジタは米国経由でフランスに渡り、再び故国に帰ることはありませんでした。

私は出発前に祖父と江古田のアトリエを訪れました。梱包中の荷物に囲まれた大叔父は、いつもながらの冗談めかした語り口の中にも、どこか淋しそうに見えました。それが大叔父と会った最後でした。

藤田嗣治

藤田嗣治

この続きをみるには

この続き: 214文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。