クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物
見出し画像

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物

画像2

【ヒント】
2004年、東洋人で初めてオン・ブロードウェイの公演を手掛けた演出家は?


舞台への関心は、幼稚園児の頃から芽生えていた。

「宗家藤間流家元の藤間勘十郎さんの下で日本舞踊を習い、歌舞伎役者たちが真剣に稽古する姿を見て『大人の世界だ』と大興奮していました。発表会は歌舞伎座。『お夏狂乱』の演目で、僕が指さす方(扉頁)には、花道を通る藤間紫さんがいました」

演出家を志し、大学を中退。ダンサーや振付師として歩み始めた。

「母が亡くなった当日も舞台に立ちました。松竹歌劇団のレビューガールだった母は、演者として僕に夢を託したのかな。『舞台で生きる覚悟を決めなさい』と壮大なバトンタッチをされたような気がしました」

29歳の時、初めて演出を手掛けた『アイ・ガット・マーマン』がロングランのヒット。以後、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎など幅広いジャンルの演出を手掛ける。

「自分の人生の責任は自分でとれれば、失敗なんかないんじゃないかな。今はそう思えるから、新しいことに挑戦できるのかもしれません」

この続きをみるには

この続き: 712文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。