オヤジの話__改___1_

久坂部羊さんのオヤジの話。

著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、久坂部羊さん(作家・医師)です。

オヤジ

絵・村上豊

がんを喜んで

 父は医者のくせに医療が嫌いで、こむずかしい医学の知見を信用していなかった。それは父が麻酔科医で、ある種、医療の傍観者だったからかもしれない。手術の麻酔をかけながら、外科医たちの危なっかしい操作や、いい加減な判断を見聞きして、医療の限界みたいなものを肌で感じていたのだろう。

 若いころの父は、糖尿病で厳密な食事療法を実行させられたが、一向に血糖値が下がらなかった。戦中派で飢餓体験があったため、食いしん坊の父には食事制限が大きなストレスだったようだ。そこで父はあっさりと食事制限をやめた。糖尿病の心配については、検査をするから気になるのだということに気づき、血液検査を受けないという荒業に出た。

 そのせいで、後年、血糖値が700を超え、インシュリンの自己注射を余儀なくされたが、あっけらかんと受け入れ、その代わり甘いものは食べ放題、タバコも吸い放題の超・不養生患者になった。

 父のモットーは「無為自然」と「足るを知る」。不自然に食欲を抑えるのはよくないという考えで、今の生活に満足し、あるがままを受け入れる。当然、出世や金儲けには興味を持たなかった。

 65歳で定年を迎えると、いっさいの仕事をやめ、自由で気ままな毎日を送った。自転車散歩、喫茶店巡り、展覧会や映画の鑑賞。趣味の多い父の辞書に、「退屈」の文字はなかったようだ。

 晩年、父が恐れたのは、無闇な長生きである。医師として、超高齢の悲惨さを熟知している父は、95とか100近くまで生きたらどうしようと心配していた。

 そんなとき、85歳で前立腺がんの診断を受けた。がんなら治療さえしなければ、2、3年で確実に死ねる。父は「これで長生きせんですみますな」と真顔で喜び、診断した医師を唖然とさせた。

 以後、糖尿病の合併症で足の指が腐りかけてもほったらかし(不思議に自然治癒した)、脊椎の圧迫骨折でも病院には行かず、寝たきりになっても褥瘡(じよくそう)予防などはせず、食欲がなくなればほぼ絶食、便秘が1カ月続いても知らん顔という生活で、87歳の天寿を全うした。

 その間、私は医学的な常識をいくつも覆された。父は運がよかっただけかもしれないが、無理な治療よりも無為自然、少欲で足るを知ることの効用を、身をもって教えてくれたように思う。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
14
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。