“虫食い”サンクチュアリ 山田ルイ53世
見出し画像

“虫食い”サンクチュアリ 山田ルイ53世

文・山田ルイ53世(お笑い芸人)

「今日ちょっと、かいこを食べていただく箇所がありまして……」

と台本を指さしたのは、筆者が長年パーソナリティーを務める、ラジオ番組のディレクター氏。廃れつつある業界に新機軸をと、“蚕の味噌漬け”なる商品を開発した養蚕農家のご主人をゲストに迎え、そのお話を伺おうというのが、“蚕を食べる箇所”の概要だった。未来の食糧難を見据え、貴重なタンパク源として期待される昆虫食。話題性も意義も十分で、素晴らしい。にもかかわらず、「えー……またぁ!?」と不満の声が漏れたのは、つい1週間ほど前、虫を食べたばかりだったからである。

舞台は、今年の春から筆者がMCを仰せつかっている、『やまなし調ベラーズ ててて!TV』(山梨放送)の収録現場。ローカルとは言え、正真正銘、夜7時スタートの“ゴールデン”だ。実は、先述のラジオも山梨放送の番組で、(……この人達は俺が一発屋だと知らないのか?)と勘繰ってしまうほどお世話になっている。

その日のテーマは、長野県。もうお分かりだろう……“イナゴの佃煮”である。

本番前の打ち合わせで、郷土食の味見役を言い渡されたのは筆者と、もう一人の番組MC、田中アナウンサー。いや、お笑い芸人が、虫を食べるのは、特段珍しいことでもない。日本で一番昆虫食に慣れ親しんでいる職業と言っても過言ではなかろう。ただし、その名目は「罰ゲーム」である。タガメやゲンゴロー、芋虫と対峙し、「ちょっと、無理無理ー!」とひと暴れしたあと、抵抗むなしく口に押し込まれたら、

「おぇ~!」

とバケツへ一直線。

イナゴも何度か“おいしく”いただいてきたが、人様が大切に守ってきた食文化を罰呼ばわりするなど失礼千万だと、いつしかこの手のネタはテレビで見掛けなくなった。当然筆者も久し振り。「くれぐれも、嫌がらないでください!」と念を押すスタッフに、(じゃあ、やらなきゃいいのに……)と憎まれ口を叩きたくなったが、ふと隣を見ると、ザザ虫担当となった田中アナはまだ食べてもいないのに“苦虫を噛み潰した”ような表情。このあと実際に虫を噛み潰しても、その顔は一切出来ぬのだから、まあ、理不尽である。

この続きをみるには

この続き: 859文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。