著者は語る

『日本発酵紀行』著者・小倉ヒラクさんインタビュー

「プツ…プツ…」。都会の喧騒から離れた蔵の中で、きょうも微生物たちが小さな音を立てている。私たち日本人が日常的に口にする、醤油、味噌、酒。これら発酵食品はすべて、そんなあえかな微生物の声に人間が耳を傾け、手を加えることで生み出されている。人間の智恵と自然の調和が作りだすもの、それが発酵食品なのだ。

 筆者、小倉ヒラクさんは「発酵デザイナー」(見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにするひと)を自称し、日本の発酵文化をデザイン、出版、イベントなどを通して広める「発酵文化の伝道師」だ。本書は、約8カ月、全国70カ所を巡って、日本の知られざる発酵文化を掘り起こし、その成り立ちや現状を見つめた旅の記録である。

「前職でアートディレクターとして地域の町興しに関わる中で、私たち日本人が忘れてしまったものがたくさんあることに気づきました。日本のローカルな発酵文化を見つけるだけでなく、私たちの暮らしや未来へのヒントになるものを探しながら“日本のアナザーサイド”を明らかにしようと旅を続けていきました」

 八丁味噌(愛知県岡崎市)のようなよく知られた発酵食品から、群馬県の焼きまんじゅう(前橋市)のように、実は発酵食品だったもの、そして、「あざら」(宮城県気仙沼)、「むかでのり」(宮崎県日南)、「ごど」(青森県十和田)など、滅びかけながらも、その価値に目を留めた人たちの手の中で生き続ける発酵食品に出会っていく(詳細は本書で)。

この続きをみるには

この続き: 579文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……「活字エンターテインメント」のすべてがここにある。

文藝春秋digital

月額900円

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届け...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
2
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。 Facebook:https://www.facebook.com/bungeishunju/