見出し画像

同級生交歓|一宮町立一宮小学校 昭和48年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

トメ

千葉県一宮町 釣ヶ崎海岸にて(撮影・石川啓次)

(右から)
前防衛省地方協力局長
中村吉利
順天堂大学大学院教授・日本抗加齢医学会理事長
堀江重郎

「海は紺碧太平洋、銀の魚が躍ってる」で校歌が始まる千葉県長生郡の一宮小学校を、僕らは昭和48年に卒業した。一宮町は九十九里浜の南端に位置し、明治時代は西の大磯、東の一宮と称され3名の元総理大臣をはじめ著名人の別荘があった。遠浅の海水浴場と温室栽培の盛んな町は、良質の波を求め年間60万人のサーファーが集う「サーフィンと生きる町」へと変貌を遂げ、2020東京五輪のサーフィン会場に選定された。かつての防風林にはサーファーの町ができている。

この続きをみるには

この続き: 146文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。