見出し画像

「女優を光らせる力」ジェラール・フィリップ スターは楽し|芝山幹郎

文藝春秋digital
文・芝山幹郎(評論家・翻訳家)

スターは楽し ジェラール・フィリップクレジット:AF Archive_Mary Evans Picture Library_共同通信イメージズ

ジェラール・フィリップ
©AF Archive/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

女優を光らせる力

2022年は、ジェラール・フィリップの生誕100年に当たる。1922年12月にカンヌで生まれた彼は(丹波哲郎やクリストファー・リーと同い年だ)、59年に36歳で早逝している。私がまだ小学生のころだった。

という時間差もあって、幼いころの私はフィリップの出演作を封切で見ていない。親の年齢に近い人々が、ダニエル・ダリューやミシェル・モルガンの名前を引き合いに出しながら彼について語るのを、なるほどあのころのスターは……という気持で聞いていた記憶がある。

60年代、私の念頭にあったフランス人映画スターは、アラン・ドロンやジャン=ポール・ベルモンドだった。あるいは、もう少し年長のジャン・ギャバンやイヴ・モンタン。彼らは、不良や義侠の徒を好んで演じた。粋でしたたかな裏社会の住人役を得意とした。フィリップとは棲む世界がやや異なる。彼の映画をさかのぼって見はじめたのは、だいぶあとになってからのことだ。

意外に背が高いのだな、というのが第一印象だった。オフビートな味やサブカルチャーの匂いがしないのは世代的に言って仕方がないが、「昔のスター」という先入観はいい意味で裏切られた。フィリップは、エゴや自己愛を前面に押し出したりしない。その一方で、繊細さや傷つきやすさを妙に強調することもない。自制心や引き技が身体に備わっているため、見はじめると後を引き、芋づる式に過去の作品をたどってしまう。侮りがたい「スター力」というべきだろうか。

この続きをみるには

この続き: 1,463文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!