見出し画像

スープ作家の有賀薫さんが教える 「コロナに負けない体を作るスープ」

コロナウイルスの影響で外出も難しい今、家でスープを作ってはどうでしょうか。栄養バランスの取れたスープを食べれば体調も整いやすく、暖かな食事は気持ちをホッとさせます。そんなスープのレシピを、『朝10分でできる スープ弁当』などの書籍が人気の有賀薫さんにご紹介いただきました。/文・有賀薫(スープ作家)、写真=志水隆

カンバン_HIK1292

有賀氏

スープと健康

「新型コロナウイルスにあおさ海苔が効く」というデマが流れたことがあったのを覚えていますか?いかにも怪しい話で、信じる人なんているのかと思いつつ、直後に買い物に行ったら、わかめやひじきなどの海藻が整然と並ぶ棚で、あおさ海苔だけが見事に売り切れていました。

○○が健康によい、という情報を受けると、ついそれを手に取りたくなるのが人の心というものです。けれど、実際にウイルスに負けない食生活とは、さまざまな食材を、適度な量と味付けで、規則正しく食べること。これに尽きるのではないでしょうか。

スープは、ふだん不足しがちな野菜をたっぷりとることができ、肉や魚、豆や乳製品、海藻などを加えればバランスよい一皿になります。体をあたため、体脂肪のコントロールに役立ち、胃腸にもやさしく消化を助けてくれるのもスープの効用です。

家庭に食が戻ってきて、むしろ健康的に食べる環境は整っています。スープを中心にした食生活を、実践してみませんか。

画像7

青菜がたっぷり食べられる 小松菜と鶏ひき肉のスープ

▼材料(2人分)

小松菜1束、鶏ひき肉100g、しょうが20g、ごま油小さじ1、塩小さじ1

▼作り方

1 小松菜は洗ってざく切りにする。しょうがは薄切りにする。ひき肉は鍋に入れて熱湯をかけて表面の色が変わったら、ざるに上げる。

2 小松菜を鍋に入れ、ひき肉としょうがをのせ、水50㎖と塩、ごま油を加えて、ふたをして中火で3分蒸し煮する。

3 水500㎖を加えて煮立て、味を見て塩で調える。

画像2

玄米をつかってミネラル補給 サバ缶入りの玄米トマトリゾット

▼材料(2人分)

サバ水煮缶1缶、たまねぎ1/2個、にんにく1片、トマトジュース200㎖、発芽玄米2/3カップ、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ1、胡椒少々

▼作り方

1 たまねぎとにんにくはみじん切りにする。玄米は洗って水に2時間以上つけておく。

2 鍋にオリーブオイルとたまねぎ、にんにくを入れ、しっかりと炒める。そこへ水を切った玄米を入れて油が回る程度に炒める。トマトジュースと水700㎖を加え、30〜40分、中火で煮込む。玄米が柔らかくなる前に水が足りなくなったら少し足す。

3 玄米が柔らかくなったら、サバ缶の水気を切って加えて温め、塩と胡椒で味を調える。好みで青ねぎを散らす。

画像3

この続きをみるには

この続き: 973文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
41
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。