文藝春秋digital
【フル動画】東浩紀×小泉悠 対談「ロシアの核と世界秩序のリアリズム」
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【フル動画】東浩紀×小泉悠 対談「ロシアの核と世界秩序のリアリズム」

文藝春秋digital

◆「ロシア」を軍事/思想から考える

文藝春秋digitalは、4月11日(月)19時〜、哲学者の東浩紀さんと東京大学専任講師の小泉悠さんによるオンライン対談イベント「ロシアの核と世界秩序のリアリズム」を開催しました。

《アーカイブ動画はこのページ下部にあります》

今年2月24日、ロシア軍がウクライナへの侵攻を始めました。現在にいたるまで、首都キーウ(キエフ)をはじめ複数の都市への攻撃、戦闘が確認されており、事態は当初の予想を裏切って長期化の様相を呈しています。

国際世論の猛反発を無視した暴挙に出たロシアのプーチン大統領。核戦力の使用可能性についてもロシア側から言及があり、核使用の懸念が高まっています。一方、29日、ロシアのフォミン国防次官はキーウと北部チェルニヒウにおける軍事活動の縮小を発表しました。大戦後に世界が築き上げてきた秩序が時々刻々と変化していく事態を東浩紀さん、小泉悠さんはどのように見ているのでしょうか。

小泉さんは著書に『現代ロシアの軍事戦略』があり、軍事アナリストとして「主権国家」としての危機感を持つ現在のロシアを分析してきました。18~20世紀に時計の針を逆回ししたかのような状況を、「世界観同士がガチガチとぶつかっている時代」と評しています。

今回のウクライナ侵攻を受けて、国内では核シェアリングなどの国防についての議論が再燃。小泉さんは「日本型ファシズムを実際に体験したのは祖父母以前だから、孫世代の僕はあんまり実感として恐怖を持たなくて普通に外敵の方が怖い。しかし両親の世代にとっては外敵よりも日本型ファシズム復活の方がリアルな脅威に見えている」とSNSに投稿しています。

東さんは編集長を務めるゲンロン本誌にて、「ロシア現代思想」特集を続けて刊行(『ゲンロン6』『ゲンロン7』)しました。「ロシア的なもの」を思想の観点から考察した同特集では、アレクサンドル・ドゥーギンによる「ネオ・ユーラシア主義」などの議論が紹介されています。

ソルジェニーツィン、ドストエフスキーらロシアの作家、思想家たちは東さんの思想にとって重要な存在であり、また、チョルノーブリ(チェルノブイリ)へのツアーを実践してきました。

「ロシア」の軍事・政治・思想を巡る貴重な対談、ぜひご覧ください。

当日リアルタイムでご覧になれない方も、イベントの模様を収録した動画を配信しますので、何度でもご覧いただくことができます(※編集の都合上、動画はイベント終了後、一両日中に公開します)。動画は本記事のいちばん下(有料部分)にアップします。

◆イベント概要

イベント名:「ロシアの核と世界秩序のリアリズム」

出演:東浩紀、小泉悠

日時:4月11日(月)19時〜20時30分(予定)Zoomウェビナーを使用して開催します。完全オンラインイベントです。当日リアルタイムでイベントをご覧になれない方も、アーカイブ動画の配信があります(※動画編集の都合上、イベント終了後、一両日中にアップします)

料金:900円(文藝春秋digital定期購読内コンテンツ)※購読者の方は別途料金はかかりません。

◆問い合わせ

文藝春秋編集部
メール:mbunshun@bunshun.co.jp

◆イベントフル動画

《この下にアーカイブ動画があります》

この続きをみるには

この続き: 34文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。