藤原正彦 民主主義という幻想 古風堂々33
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

藤原正彦 民主主義という幻想 古風堂々33

文藝春秋digital
文・藤原正彦(作家・数学者)

米国のバイデン大統領が「民主主義サミット」を開催した。110ほどの国や地域の首脳などが招かれ、日本からは岸田首相が出席した。中国、ロシアが招待されず台湾が招待されたのを見ても、反専制主義という大義の下、自らの主導で民主主義国を結集し、中ロ包囲網を作ろうというものだ。中ロ、とりわけ中国による軍事力や経済力を用いた、傍若無人ともいえる他国への威圧や国内少数民族への人権抑圧、などを封じこめるのは大賛成だが、なぜか喉にひっかかる小骨がある。

民主主義の定義は知らないが、自由、平等、人権、国民主権などのことと思ってよいだろう。第1の小骨はアメリカが世界の民主主義を主導できるほど模範的な国かということだ。確かに初めて民主主義を実現した国で、フランス革命後に訪米したフランスの政治思想家トクヴィルはその著書『アメリカの民主主義』の中で国民主権に大いに感心した。しかし、その後のアメリカは常に中国も顔負けの、人権無視と覇権主義の国家だった。啓蒙されていない人々に自由、平等、キリストの福音、などを広げることこそアメリカの明白な天命、という意味のスローガン「マニフェスト・デスティニー」の下、先住民を虐殺し、黒人を奴隷化した。カリフォルニア、テキサスなど西部諸州をメキシコから強奪し、ハワイ王国を滅ぼして併合し、スペインに戦争を仕掛け、中米、グアム、フィリピンを植民地とした。すべて19世紀の出来事である。20世紀になると、中国への進出の障害であり日露戦争で白人優位を脅かすようになった日本を叩きのめした。戦後には、共産圏潰しやベトナム戦争、イラク戦争、「アラブの春」など覇権拡大に励んだ。人権に関する黒い歴史は今も続き、移民差別、貧富の格差を抱え、1日100人以上が銃により命を落としている。人権の中核である生命すら守られていない国なのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,506文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。