見出し画像

日本語探偵 【な】「なるほど」が失礼という困っちゃう意見|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【な】「なるほど」が失礼という困っちゃう意見

NHKFMの松尾貴史(まつおたかし)さんの番組に出演、2時間近くにわたって日本語談義を楽しみました。その中で松尾さんから聞かれました。「『なるほど』という相づちを目上に使うのは失礼かも、という意見が、最近ありますね」

確かに、あります。ネットなどでよく目にするようになった意見です。「なるほど」を多用する私としては、まことに困っちゃう意見でもあります。

最初に言っておくと、「なるほど」は古来、目上にも使われたことばで、失礼とは言えません。江戸時代の咄本(はなしぼん)『軽口御前(ごぜん)男』に載る艶笑小話の中で、奉行から密通の証拠があるかと問われた男が〈なるほど(=ごもっとも)、年寄りたる母が証拠でござります〉とかしこまって答える場面があります。

金田一春彦は、夏目漱石「吾輩は猫である」の登場人物の鈴木という男がしきりに「なるほど」と繰り返す場面を引用し、〈「なるほど」も日本人の愛用語のひとつと言うべきか〉と述べます(『日本人の言語表現』)。「日本人の愛用語」が失礼となると、困る人が続出するでしょう。なお、鈴木が「なるほど」を使う相手も、金田という目上の人物です。

要するに、「なるほど」は失礼でない、とはっきり擁護しておきます。その上で、ではなぜ「『なるほど』は失礼かも」という意見が出てくるのか、それについても説明しましょう。

この続きをみるには

この続き: 425文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。