孫正義 いつも度肝を抜かれる 王貞治 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

孫正義 いつも度肝を抜かれる 王貞治 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
福岡ソフトバンクホークスのオーナーでもある実業家・孫正義(64)。同球団会長の王貞治氏には、孫と共有する“高すぎる”目標がある。/文・王貞治(ソフトバンクホークス社長)

王貞治(語り手)

王氏

孫さんは、100年の100人どころか、1000年の10人にも入る人物だと思います。常に10段先、100段先を見据えている。「通信速度を300万倍にする」と仰ったこともありました。孫さんの話にはいつも度肝を抜かれるんです。

初めてお会いしたときもそうでした。2004年、ソフトバンクがホークス買収を発表する前のことです。「とにかく勝つチームにしないといけない。その為に必要なことがあれば、何でも言って下さい。やるからには日本一になって、そして世界一をめざすチームにしてほしい。望むのはその一点です」と孫さんは仰った。「世界一」という言葉を繰り返しておられて、本当にスケールの大きい人だなと思いました。

孫正義

孫正義

ホークスは2011年に、ソフトバンク体制になってから初の日本一になりました。でも、初めから「世界一」と言われているので達成感がないんですよ(笑)。常にこちらが「まだまだ!」と思わされてしまう。

要求は高いですが、オーナーは「野球のことは任せたよ」というスタンスを崩さない。お金も出すけど口も出す、という球団オーナーは多いですよね。でも孫さんは野球のことには一切口出しをしません。オーナーの指示はただ一つ、「勝つ為に闘え」だけなのです。

この続きをみるには

この続き: 248文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。