世界経済の革命児 デリック・ロッシ(モデルナ共同創業者)|大西康之
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

世界経済の革命児 デリック・ロッシ(モデルナ共同創業者)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、デリック・ロッシ(Derrick Rossi、モデルナ共同創業者)です。

202103世界経済の革命児顔写真(デリック・ロッシ)

デリック・ロッシ

人類を救うワクチン開発の「ゲームチェンジャー」

この会社の名前が新聞やテレビで取り上げられない日はない。米バイオテクノロジー企業のモデルナ。米ファイザー、英アストラゼネカといったメガ・ファーマ(巨大製薬企業)と並び、欧米で新型コロナ・ワクチンの緊急承認を受けた。ワクチンの有効性と安全性が確認されれば、2010年にこの会社を立ち上げたデリック・ロッシは人類を救った起業家の一人になる。

医薬品の臨床試験には3段階あるが、世界保健機関(WHO)によると、新型コロナ・ワクチンの候補は2021年1月20六日時点で63種類。そのうち、最終の第3段階に至っているのは16種類。中国とロシアではそれぞれ国産ワクチンの接種が始まっているが、それ以外で接種が始まったのはファイザー、アストラゼネカ、モデルナの3社だけ。国家の威信をかけたワクチン開発レースの先頭グループにベンチャー企業のモデルナが入っているのは快挙と言える。

モデルナのワクチン開発技術は画期的だ。通常ワクチン開発には何年もかかり、10年以上要することもザラにある。ところがモデルナは新型コロナの感染拡大が世界的に問題となり始めた2020年春にワクチン開発を開始すると、わずか42日で設計を完了。すぐに臨床試験入りし、11月末には緊急使用許可を米当局に申請。12月に承認を得てしまった。つまり、開発から製造・販売まで1年もかかっていない。ロッシがこの分野で「ゲームチェンジャー」と呼ばれる所以である。

この続きをみるには

この続き: 1,140文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。